証拠金取引

『FX 外国為替証拠金取引の仕組み』

●外貨貯金の場合

例えば、10,000米ドルを外貨貯金するとします。(計算し易いように1米ドル=100円とします)


円で米ドルを買って貯金することになるので、このとき必要な日本円は、


10,000通貨×100円=1,000,000円(100万円)となります。


解約日に、1米ドルが101円だったとすると、


10,000通貨×101円=1,010,000円(101万円)となります。


元金100万の運用で1万円の利益を、利子とは別に得ることができます。(※取引手数料、税金は考慮せず。)


しかし、1米ドル=99円になっていた場合、


10,000通貨×99円=990,000円(99万円)、1万円の損失となります。(※利子、取引手数料、税金考慮せず。)


利益が出ても、損失が出ても、もちろん元金は100万円です。そして、元金に対して動いているのは、プラスマイナス1万円です。

☆為替損益
また、このような為替レートの変動により発生する損益を為替損益と言います。


●FX 外国為替証拠金取引の場合

これを、FX 外国為替証拠金取引の場合は、保証金を預け(仮に損失が出た時の為にと考えればいいと思います。)、それを元金として取引することになります。


例えば10,000米ドルを買うときに、10万円の証拠金で取引するという感じです。(この証拠金の金額は、Fx 外国為替証拠金取引を扱う会社によって違います。)


外貨貯金の場合、元金が100万円必要であったものが、FX 外国為替証拠金取引では10万円の元金で取引できます。


例えば、10,000米ドルを100,000円(10万円)の保証金で買います。この時点での取引価格を1米ドル=100円とします。


外貨貯金で説明したのと同じように、1米ドルが101円になった時に決済すれば101万円。


元金10万円で101万円、


101万円−10万円=91万円の利益?には、もちろんなりません。


100万円分米ドルを買って、それが101万円で売れたということなので、


101万円−100万円=1万円の利益です。(※取引手数料、スワップ、税金考慮せず。)


これが、1米ドル=99円の時に決済すれば、99万円、1万円の損失です。


この損失1万円が、保証金10万円から引かれることになり、手元に残るが9万円ということです。


この時も外貨貯金と同じく動くお金は、プラスマイナス1万円です。


ただFX 外国為替証拠金取引の場合は、損失が出たときの決済保障のお金を預け入れることで、米ドル10,000通貨の取引が100万円でなく、10万円で可能ということです。


☆レバレッジ
このようにFX 外国為替証拠金取引で、米ドル100万円分に対して10万円の証拠金(保証金)を預け入れ取引することをレバレッジ10倍の取引と言います。


例えば100万円の証拠金で、レバレッジ10倍の取引をすると、1000万円分の米ドル、100,000通貨の売買が可能です。


外貨貯金の場合は、レバレッジがありませんから、100万円で100万円分の米ドル、10,000通貨を買うことしかできません。


このレバレッジの倍率は、1〜400倍とあり、FX 外国為替証拠金取引を扱う会社により違います。


ではなぜ、このようなレバレッジを用いた証拠金取引ができるのか、次でもう少しわかりやすく解説したいと思います。





■■ レバレッジ1倍で取引できるFX会社 ■■

★★ジャパンネット銀行のオンライン外貨トレード【JNB-FX】

■■ 高レバレッジの取引ができるFX会社 ■■

★★MJ「SpotBoard」

★★ヒロセ通商株式会社

★★【サイバーエージェントFX】



←戻る『FX 外国為替証拠金取引とは?』
次に→『もっと分かり易くFX 外国為替証拠金取引の仕組み』

2006年07月23日 12:18